« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の6件の記事

2009年5月23日 (土)

コードのハナシ ~オンコードと、転回コード~

ジャズピアノを習っているので、コードは必修科目なんですが、まだまだです。
子どもの頃に、ギターとか練習してたこともあり、Cとか、G7とか、Fとか、Emとか…、一般的なところはわかるんですが、あんまり突っ込んで勉強したりしなかったから、え~と、構成音はなんだっけ?、てなかんじで、そのあたり止まりなんです。

ギターをやってたメリットと言えば、あんまりコード名に抵抗感がないくらいで…

ジャズピアノのセンセイには、抵抗感がないようなのでそれはよいことですよ~、と言っていただけますが、他に誉めるところがないからなんですよね~

でも、コードにじたばたしているワタシでも、ジャズピアノを習い始めて、長年のなぞが解けたことがひとつ。

以前に、独学でポピュラーの曲を弾こうとして、コード名に、C7/Gとか、C6/Eとか書いてあると、なんのことかわからなくて、楽譜を放り投げていました。皆さんは、ご存じだと思うのですが、これは、オンコードというらしくて、C7 on Gとか、C6 on Eというふうに読んで、スラッシュの後の音を、コードの最低音にして弾くということなのですよね   

(UPさんからご指摘いただいたので、以下のところに間違い発見のため、本文修正しました! )

たとえば、C7/Gだと、ソを最低音にしたC7のコードとなり、C6/Eはミを最低音にしたC6コードということだそうです。私は転回コードのことだと思っておりましたが、必ずしもそういうわけではないですね。最低音は、コードの構成音でもいいし、構成音でなくてもいいのだそうです。実は、この記事を書くときに、事例をあげようと、数少ないレッスンを受けた楽譜を見ていて、Dm/B = Bm7(-5)のことだから・・・と説明を受けていたんですが、Dmの構成音にはBはないなぁと思って書かなかったんです。今考えると、Dmがレ、ファ、ラなので、Bの音を最低音にするDm/Bだと、シ、レ、ファ、ラとなって、これはBm7(-5)(Bm7(♭5)とも書くそうですが)と同じなんですよね。  

ちなみに、Bm7(-5)や、Bm7(♭5)、aug や dimなども、素人のワタシには拒絶反応を起こさせるコード名です・・・  はぁ~ (;´д`)トホホ…

…… これであってるかなぁ~ と、やや不安ではありますが、まだ違っていたら、ご指摘くださいませ m(__)m    


なんとなく、ワタシの頭の整理ができたかな 。   ご指摘くださった UPさん、お付き合いくださった皆さん、ありがとうございました 

これからも自分のメモがわりにコードのこととか書いていこうかなと思っていますので、間違っていたらご教示いただけると、ありがたいです。


ちなみに、以下は、ワタシの苦手な転回コードのハナシです。

Cとか、CM7くらいなら、転回形もすらすら(?)出てきますけど、Em7の転回形で、とかいわれると、え~と、Em7がミ、ソ、シ、レなんで、ソ、シ、レ、ミで、その次はシ、レ、ミ、ソだな~?、と、基本形から考えないといけないので、転回させるのに時間がかかるんです

センセイからは、基本的なコードの7thコードで、せめて第一転回と、第二転回までは、すらすらと弾けるようになってね、と、言われていますが…

ワタシも、せめてCスケールのコードくらいは、すらすら弾きたいものです。未だニガテは克服できてませんが、ジミーにがんばってます

2009年5月20日 (水)

ジャズピアノレッスン 09-06

ジャズピアノのレッスンも、ずいぶん間があいてしまいました 約1ヶ月ぶりです。

今回も、前半でジャズ理論の宿題のチェック、残りで『酒バラ』の練習、最後に少しだけ『恋の気分で』を教えていただきました。

理論の勉強は五度圏の順番に、C、F、B♭の順番に進んできました。それぞれメジャーとマイナーと。

宿題の内容は前にも書いているんですが、もう一度。

ノートを見開きで使って、左側にメジャーを、右側にマイナーを書いていきます。Cだったら、左側にC Majorを、右側にC Minorを、というかんじ。

まずメジャーのスケールを五線紙に書きます。次に、その上にトライアドのコードを作ります。そして、それぞれのコード名とその分析(Ⅰ~Ⅶ)と、機能(トニック、ドミナント、サブドミナント)を書きます。

これとは別に、セブンスコードや、ナインスコードも、楽譜にコード名と一緒に書いていって、同じように分析と機能を書いていきます。

だいたい、メジャーのほうは要領がわかってきました。この調子でどんどん進めていけばいいのですが、まぁそんなにサクサクとは進みませんね

問題はマイナーなんですよ。マイナーって、自然短音階、和声短音階、旋律短音階という3種類あるんですよね。それぞれについて、スケールを書いて、トライアドコードを書いて、コード名を書いて、分析と機能を考える。

マイナーが3種類の音階があるってことがなかなかわからなくて、楽典を買ってきて、あれこれ読んでいるうちに、ようやく理解できたんですが、このあたりを乗り越えてから、理論も面白くなってきました。なんとなく、数学の公式を覚えたら、いろいろ応用できるようなカンジでしょうか・・・?(ちがうな、きっと)

マイナーのほうも、音階はクリアして、なんとかコード名までは、あれこれ考えてできるようになってきたんですが、分析と機能はねぇ〜、いまひとつわからない

宿題をやっていっても、なかなか、○がもらえない

でも、まぁ、気長にやっていきます

それと、曲の練習のほうは、今までは1曲ずつだったんです。それも、1曲に4ヵ月くらいかけていたんですが、それでも未完成のままで打ち切り合格にしてもらって、次の曲に移ってきました。でも、そろそろペースをあげたいと、先生に言われました。2曲は並行したいそうです。

自分でいろいろ考えないといけないようなんですが、さぁ、どんなもんでしょうかしら・・・

2009年5月17日 (日)

ピアノレッスンメモ 09-08

今年8回目のレッスンメモです。。。 GW期間中は旅行などがあったので、約1ヶ月ぶりです。

GW中にぜんぜん練習できていなかったので、久しぶりの生ピアノで、やっぱりタッチがぜんぜんダメでした。。。


★いそしぎ

暗譜はできているんですが、ところどころ、間違ったりしていました。

でも、まぁこれ以上は上手にならないだろうと思われたようで、とりあえず合格となりました。。

次回からは、次の曲、『この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)』を練習します。


★愛の夢 第三番(リスト)

23小節までをレッスンしていただきました。最初の音をもう少し伸ばして弾くことで、大体OKということです。

次は、少し飛ばして、♪きらきら~のところ、30小節~32小節を練習します。できるかなぁ?

この曲が弾けるようになればいいなぁ    


★ピアノソナタ第14番第一楽章(ベートーヴェン)

大体できてきたので、次回までに、暗譜することに

まぁ、先は長いですが、楽しいので、がんばろう


これができたら、悲愴第2楽章をやりましょう!ということなので、今年中にははじめられたらいいですね



それと、次回から、新曲として、ヘンデルをはじめましょう!ということで、先生のほうで、探しておいていただくことになりました。

よく、ピアノの練習するときには、4時代(古典、バロック、ロマン、近現代)を並行して練習するといいらしいですが、私の先生も、ポピュラー曲も含めて、いろんな時代の曲をレッスンしてくださるので、おもしろいです

2009年5月14日 (木)

Je Te Veux ~ あなたがほしいの ~

ショパンワルツ 9番をコッソリ練習していたかと思うと、

またまた違う曲をコッソリ練習しています

以前に、レッスンで、Eric Satie の Je te veux を習っていたんですが、

私がまだまだ下手くそなので、簡単なところのみで、途中を飛ばしてしまっていました。

(ってか、先生に、飛ばされてしまったんですケド・・・)

いつか通しで弾きたいなぁ・・・と思っていたので、再チャレンジです

この曲の構成は、

イントロ → A → B → A → C → D → C → A → B → A’ → エンディング

・・・ となっています(こういう書き方でいいのかどうか、よくわからないので、間違っていたら、教えてもらえるとウレシイです

このうち、私が弾けるのは、

イントロ → A → B → A → C → D → C → A → B → A’ → エンディング

・・・ で、なんと! えらくあっさりと終わってしまうのです

なんで、今、Bの部分を練習中です。

なんとか最初から最後まで通しで弾けるようになるといいなぁ

そういえば、この曲は、Aのなかで6小節くらい、右手左手で、オクターブ連打のところがあって、

半年くらいまえにこの曲を練習していたときには、右手つりそ~って思ってたんですが、

今はそういうことがなくなってまして、ビックリです。

やっぱり、『月光』の威力やわ~。今は、『月光』で右手つりそう~なワタシ・・・

ま、すこしは上達してるんでしょうかねぇ。。。


ちなみに、このJe te veux って、英語だったら、I want you ってタイトルなんだそうですよね・・  なんかちょっと意外なカンジ (って、日本語のタイトルだって、なんだか・・)

2009年5月 9日 (土)

Singin' in the Rain ♪

このゴールデンウィークに旅行に行ってきたんですが、

その帰りの飛行機に乗ったとたんに、まだ上昇中にもかかわらず、突然熟睡

そして、ふと気がつくと、機内食のサービス中です。

そういえば、ワタシおなかがすいていたんだっけ?、

と、思い出して、とりあえず食べるだけ食べて、本格的に寝る準備をしているうちに、またグーグー

次に気がついたときには、既にトータルの飛行時間の半分以上が過ぎていて、

機内はすっかり熟睡モードです。

寝ている間に、イヤホンが配られていたらしく、私のところにはおいてなかったし、

あったとしても、疲れた脳にはうるさい音はいらなかったし・・・

少し目が覚めてきたので、座席の前についている個人のテレビのチャンネルをいろいろかえてみていたら、

『Singin' in the Rain』が流れているチャンネルを発見です。

きちんと見たことなかったなぁ・・・と思いつつ、暗い機内で、幸せそうに踊る俳優さんたち。

なんとなく、気持ちが落ち着きます。

音がなくても、字幕がなくても、セリフや歌がきこえてくるようです。

このあと、残りの飛行時間を寝たり起きたり、また寝たり・・・ しながら、ずっとこの映画を見ていました。

自宅に無事に戻ってきて、さっそく、またまたYoutubeでさがしてみたら、ありましたよ!


コチラ↓

・・・ それにしても、ジーン・ケリーが、ローリーに似てるように思ったんですが、ワタシだけかな? (あごの辺りがね

2009年5月 8日 (金)

I'm In The Mood For Love

ジャズピアノのレッスン記は、また別記事に書こうと思いますが、

新曲を練習することになりましたので、またまたイメージトレーニングです。

新しく練習する曲は、『I'm In The Mood For Love』

1930年代の曲のようで、かなり年季の入った曲ですね。

Youtubeにいろいろあるんですが、意外なことに、なかなかジャズピアノのものを見つけられません。

あれこれ探していると、こんなのを見つけました↓   

ワタシのイメージとはぜんぜん違いますが、えらいステキ

私の演奏のイメージとしては、コチラの方↓

あんまりよく知らない曲でしたが、いい曲ですね~~。気に入りましたヨ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

UNIQLOCK

Twitter

お気に入り

練習中の曲たち

  • ★練習が終わった曲は、カテゴリー「ピアノ歴とレッスン曲リスト」にあります(が、まだ少ないです 汗)
  • ★憧れの曲は、プロフィールにあります
  • ★だいたい隔週で、素敵な先生にピアノを習っています。先生大好き
  • 愛の夢 第三番(リスト)
  • ピアノソナタ14番 Op.27 No.2 第一楽章 (ベートーベン)
  • この素晴らしき世界(What A Wonderful World)
  • ピアノソナタ第8番Op.13 No.2 (ベートーベン)

ジャズピアノも練習中!

  • ★ただいま、F Majorを練習中!
  • The Days Of Wine And Roses
  • ★ こちらはC Major の曲
  • I'm In The Mood For Love
  • You'd be so nice to come home to

最近のトラックバック

無料ブログはココログ